ラウンド中にトラブルショット!あ〜あどうするのよぉ(>_<)・・・これじゃ打てません!ってことがゴルフにはつきものです。ゴルフはどんな状況も自分が招いた結果なので,ホールアウトするまで自分で刈り取らねばなりません。どうやって打つのかを瞬時に判断し,クラブ選択を迫られます。その時のお役に立てれば幸いです。

バンカー超え・池超え(アプローチ編)
 目の前にバンカーや池があると,どうしても目の中にバンカーや池が飛び込んできます。その先にはグリーンがあります。気になって入れちゃいけないと思えば思うほど,皮肉なことに目の前のバンカーや池に入ってしまうことも。
 いろいろ原因はありますが,ふわっとボールを上げて目の前の障害物を超えさせて,グリーンオンさせたい気持ちが強すぎるために,ショットが終了するかしないうちにボールの行き先を見てしまいがちです。その結果だふりやトップを誘発し,行ってはいけないバンカーや池に入れてしまうのです。
 グリーンまでの距離にもよりますが,サンドウェッジやPS,ピッチングなどのロフトのあるクラブを短めに持ち,インパクトの瞬間まで目を離さず,ボールを上げようとせず逆に上からボールを叩くあるいは払うイメージで打てば,ボールはふわっと上がってくれます。
林の中
 少しでも打てそうならチャレンジしたくなるものです。私なんぞは今だにそうです。しかし基本は無理をしないこと,まずはフェアウェイにだすことです。自分の中ではこれを勇気ある撤退と呼んでいます。上が空いていれば,ショートアイアン,ピッチングやPSなどでもいいでしょう。
 もし上が空いておらず,低いボールで出すことしかできない場合にはロングアイアンか7番などのミドルアイアンでピッチショット(大振りせず,テークバックを低く取り,カツンとボールにショット)するのがいいでしょう。
左足上がり・左足下がり
左足上がり  左足の方が右足の高さよりも高い位置にあります。構えた時にどうしても坂になって不安定な格好になりがちです。まずはしっかり安定するような構えをつくる必要があります。素振りしたときにふらつきがないようにしたいものです。
 地面の傾斜に対して両肩を結ぶラインがなるべく平行になるように心がけます。そうしないとボールの手前ばかりを叩いてしまい(ダフル),ボールはまったく飛んでくれません。クラブはボールの位置は極端に左におくと振り抜きがよい分,思った以上に左に飛んでいくことが多いです。ボール位置はほぼ中央でいいと思います。しかし極端な左足上がり(崖っぽい場所)では右足寄りに置いて,上から叩く感じでもボールは出ます。
 左足上がりは残り100Yであっても,上っている分距離が遠くなります。傾斜によっても違いますが,プラス10Y〜15Yは多く見積もった方がいいです。番手通りに打って,行ってみると短かった届かなかったとうことが案外多いです。
左足下がり  右足下がりは左足下がりの逆です。傾斜に沿って肩のラインを平行にし,素振りをした時にふらつかないようにします。つま先下がりと同じように,椅子に腰掛けたような格好をスイングが終わるまで維持できれば安定します。大振りしないようにし,コンパクトスイングを心掛けます。ボールの位置は左足かかと線上に置くとボールの頭を叩く(トップ)になりがちなので,中央または右足寄りに置くようにします。
つま先上がり・つま先下がり
つま先上がり  つま先上がりでは,ボールと体の距離が平らなところよりも短くなります。考えてみてください,物理的にそうですよね。ですからまずクラブはいつもよりかなり短めに握らなくてはいけません。軽く素振りをしてみて地面を叩くようであればもう少し短く握りなおします。
 つま先上がりの斜面では普通にショットすればボールは左側に曲がります。ターゲットライン(目標)よりも少し右側を狙うのが定石です。
つま先下がり  つま先下がりでは↑とは全く逆のことをします。ボールと体の距離は平らなところよりも遠くなります。クラブは長めに握り,膝をしっかり固定して椅子に座ったような格好になります。あまり大きくクラブを振り上げないようにし,コンパクトなスイングをで振り抜きます。
 つま先下がりでショットするとボールは右に曲がって行きます。ターゲットライン(目標)よりも少し左に狙いを定めてショットします。
バンカー編
グリーン周りの距離のないバンカー スタンスはオープン,右足に体重をかけサンドウェッジのフェースを開きます。バンカーではソール(クラブの底を地面につける)できないので,ボールの手前3cm〜5cm手前に狙いを定め,ゆっくり振り上げ同じスピードで切り替えして,ドスンとクラブネックから砂の中に入れます。
グリーンまで距離のあるバンカー サンドウェッジでもいいのですが50〜60ヤードもあるバンカーならPSかピッチングでもいいと思います。フェースはあまり開かず,トップは肩の高さぐらいまであげてボールの手前からサクッっとクラブを振りぬく感じで打ちます。
フェアウウェイバンカー あごが高いかどうかでも違ってくるのですが,低いボールでも出しやすいと判断した場合は7番〜6番を短く握り,スタンスはやや肩幅より狭めでしっかり立ち,ボール位置は右足よりに置きます。なるべくコンパクトスイングで大振りしないようにし,クリーンにヒットするようにします。

BACK