コースデビュー163!

...

 ゴルフを始めて誰もが必ず最初にぶつかる壁。(秀でた才能の持ち主は別らしい。)明日こそは100を切るぞと意気込んで練習場で必死で打ちまくる時期です。
本やビデオをあさって猛勉強するのですが,コースに出るとまったくボールはいうことをきいてくれません。
 私はコースデビューは163というすさまじい記録を叩きました。ハーフ80台です。もう他人のアドバイスなど耳に入りません。たくさんのクラブをにぎって走る走る。ゴルフに来たのか,クロスカントリーにきたのかわからない状態でした。屈辱的で自分が惨めでした。


2ヵ月後113

 これには周囲もびっくり!あがってなんぼということを実感したラウンドでした。ドライバー,7番,ピッチング,パターこれだけでラウンドしました。初心者にはアイアンはこれだけで行くことをお勧めします。
 どんな練習をしたかというと,クラブはすべて短くもって大ぶりしないことを念頭に置いて毎週1回練習したのです。短く持つことでミート率を上げ,コンパクトなスイングをすることでダフリやトップ,空振りを防ごうと思ったわけです。
 前回のラウンドでの教訓を生かすことができて自分では満足でした。次ラウンドするときは90台だと心をときめかせながらお風呂に入ったのを覚えています。(しかしそれから3年以上も100を切ることができないとも知らずに・・・)

100前後の方へのアドバイス
・ ちょっとおこがましいかもとも思いましたが,ヒントになれば嬉しいので書かせてください。ドライバーも大切なのですが,その大半をアイアンでプレーしなければいけません。アイアンがうまく当たりだすとスコアーもいっきに縮みます。私の場合,アイアンでダフリやトップを連続で出しだすと100を切るなどということは意識から遠のき,ボールを当てることだけに意識が行きだし,ますますドツボにはまることが多かったです。
 そこで私が意識したのは,とにかく膝と地面の距離を変えないということです。これを意識し出していっきにスコアが減り,100一桁になりました。是非練習場でお試しあれ!

・ 意外とスコアアップにつながるのがピッチングでの寄せ。ビギナーのしでかすミスは何でも大きく振ってしまったり,逆にホームランを恐れてザックリやってしまうこと。でも寄せでそれをしてしまうとなかなかスコアは縮まりません。
 ピッチングをパターと全く同じようなストロークで振ってみてください。ボールに軽いスピンがかかってツーっと真っ直ぐに転がってくれますよ。これを覚えて私はグリーン周りに自信がつき,100をきりました。
 
戻る