ゴルフは人柄が出る,ゴルフで人間がわかる・・・なんていうことをよく耳にします。こんな人だったなんて・・・って事がないように,逆に素晴らしいと思われるようなプレーヤーになりたいなぁ・・・と思っています。

ゴルフのマナーっていろいろあるらしいのですが,ここでは最低限守った方がいいよということを掲載していきます。

ゴルフの精神:心配り・・・ゴルフは他のプレーヤーに心配りをし,ルールを守って楽しくスポーツマンシップの精神で行う競技です。

素振り・・・クラブの練習スイングをする場合は,必ず周囲に人がいないのかとか,危険物がないのかなど周囲を充分安全確認して行うようにしましょう。またアドレス(打つ構え)に入ってからの素振りは,2回までにしましょう。3回以上構えてから素振りをするのはスロープレーにつながります。また他のプレーヤーはその人が打つのを待っていますので,なるべく早くショットしたいものです。ただ初心者の時はいろいろ考えてしまうことが多いので注意しましょう(^^ゞ。

打ち込み・・・前の組のパーティがボールの届くような位置にいたら,絶対にまだショットしてはいけません(>_<)。トラブルの原因になりますので,絶対にしないで下さいね。でも故意ではなく打ったら,突然林の中から出てきたプレーヤーに届きそうだったなんてこともあります。そういう場合は『ファ〜』と大きな声で叫んで下さい。そしてティグラウンドですれ違うときに一言『すみません』を言いましょう。謝るならできるだけ早めがいいでしょう。ちなみに初心者だった頃私は,とっさに出た言葉が『ウォー』でした(^^ゞ。

スロープレー・・・ハーフラウンド2時間以内というのが普通なんですが,スロープレーをすると後続のパーティの人は苛立ちます。下手すると3時間かかったりなんてことも・・・。たとえ前が詰まっているとしても,グリーン上でスコアカードを書いたりせず,ホールアウト後は速やかにグリーンを空ける様にしましょう。ちなみに私は少し小走りをして,スロープレーではないことを後続にアピールするようにしています。

バンカー・・・
自分が踏み荒らした後は,必ずレーキ(トンボ)できれいに均しておきましょう。キャディさんが『私がやっときますから・・・』と言われてもなるべく私は自分でやります。でも余裕がなくなると,レーキでならすことも忘れてしまいそうです(^^ゞ

ボールマーク・・・
グリーン上でボールの落ちた跡がよく見られます。そこにパットのボールが行くと困ってしまいます。直さない人がそのままなんてことも,ゴルフ場ではよく見られます。グリーンフォークをさりげなくポケットから取り出し,他人のマークまでついでに直しちゃいましょう。

ショットモーション・・・
他のプレーヤーがショットモーションに入ったら,おしゃべりをしたり動いたりするのは止めましょう。パットをする際になるべくプレーヤーの視界に入らないようにしたいものです。

フラッグ
・・・グリーン上で一番早くカップインさせたら,ピンフラッグは最初にカップインさせた人が持つようにしましょう。素早く移動できるように。キャディさんがピンフラッグを持っておられるときは,小さな声で『旗持ちます。』と言って譲り受けましょう。
グリーン周りに寝かせてあるときは,旗を下に向けて持つようにします。フラッグを上にして持つと,後ろのパーティがもうホールアウトしたと勘違いをしてボールを打ち込んで来る場合があります。またフラッグを上にすると風が当たりパタパタと音を立ててしまったり,真夏の場合ホールのまわりに影をつくったりするからです。何よりパッティングしているプレーヤーに迷惑をかけます。

ショットしたあと・・・ショットした後は次のショットのことを考えて,2本程度クラブを持って行くように心掛けましょう。初心者の場合は何度も打つことになりがちです。そのたびに『○番アイアンお願いします!』とキャディさんにお願いしていたら大変です。キャディさんがいなくても『打ちま〜す!』と宣言して空いていたらどんどんショットしていきましょう!


BACK